カテゴリー

【必勝テクニック】出会い系サイトで連絡先を教えてもらう方法

mail

連絡先の交換・・・・それは出会い系サイトユーザーの永遠の夢・・・

連絡のやり取りにポイントの消費を気にすることなく、つまりお金をかけることなく、気に入った人と無限やりとりができる。

連絡先交換が出会い系サイトユーザーの永遠の夢とされる理由はこれにつきます。

しかし連絡先交換をされると、課金ユーザーが減ってしまっては、出会い系サイト運営側としては非常に困りますよね?

それなのになぜ優良出会い系サイトは連絡先の交換を禁止しないのか?

それは出会い系サイト内での連絡先交換が非常に困難だからです

もちろん他にも理由はたくさんありますが、そもそも禁止しなくてもほとんどのユーザーが連絡先交換なんてできないから大丈夫というのが、運営側の本音でしょう。

もう安心してください。

私が実践に実践を重ねた必勝テクニックをあなたに教えます!

焦らない

まず連絡先交換は絶対に焦ってはいけません。

そんなことわかってるわ!という方がほとんどですが、

「さっさと交換してポイントは使いたくない」

「お金をかけずに出会いたい」

このような気持ちに負けて、すぐに連絡先交換を申し込んでしまう人が多いのです。

もちろんこれではキッパリと断られます。

当たり前です。

まだお互いのことも全然知らないのに見ず知らずの人に「はいどうぞ」と教える人はいません。

今、この記事を読んでいるあなたは焦るはずないと思っているでしょうが、実際にメッセージのやりとりをしだすと、99%焦る気持ちがでてきます。

そんな時はこの記事を思い出してください。

まずはお互いの信頼関係を構築することが大切です。

メッセージをやりとりしている最中の出費は怖いかもしれませんが、連絡先交換の成功率はグンと上がります!

連絡先を送る時は自分が先に送る

あなたは連絡先交換をお願いする立場であることを忘れないでください!

まさか相手から送ってくれるなんてことは万に一つもありません。

あったとしたら、業者かもしれないということを真っ先に疑うべきです。

相手に何かを求めるためには、こちらも何かを提供しなくてはなりません。

私も最初は「もしよければ、LINEを教えていただけませんか」と自分勝手なお願いをしていました。

もちろん連絡先は教えてもらえませんでした。

しかし、「私のLINEのIDは****です。もしよければ、こちらに連絡ください!」というようにお願いの仕方を変えたことによって、連絡先を交換することができるようになりました。

何回も言います。相手に何かを求めるのならば、こちらも何かを提供しなくてはなりません。

タメ口はつかわない

サイト内でメッセージをする時は、相手の年齢に関わらず、必ず敬語をつかった方がいいです。

「この人なら連絡先教えても大丈夫そうかも」と相手からの信頼を勝ち取ることが連絡先を交換する上では非常に大切です。

やたらと下ネタを言ったり、礼儀が無いと感じさせてしまうようなやり取りをしてたら、何通やりとりをしても、連絡先を交換することはできません。

(途中で必ず無視されます。)

相手はあなたという人間をメッセージのやりとりの中でしか、判断することができません。

敬語をつかっている人はなんとなく紳士的な気がしませんか?笑

少なくともタメ口をつかっている人よりは、信頼できる気がしますよね。

その他にもやりとりの中でのさりげない気遣いなども、あなたのイメージを大きく左右します。

まとめ

いかはでしたでしょうか?

連絡先を交換するための必勝テクニックは

①焦らない

②自分から連絡先を教える

③タメ口をつかわない

これらの3つです。

簡単そうにみえますが、すべて徹底することはなかなか難しいです。

ただこれらを意識すれば、確実に連絡先を交換できる確率はあがります。

ぜひ実践してみてくださいね!!

管理人おすすめの優良出会い系サイトの一覧と比較はこちらから!
【暴露】本当に出会える無料出会い系サイトを徹底比較!

管理人おすすめの連絡先交換を申し込むタイミングと会話集を公開!
【必勝テクニック】出会い系サイトで連絡先交換を申し込むタイミングと会話

管理人おすすめの優良出会系サイト一覧

PCMAX

若い女性が多く、サクラもいないサイトです!管理人利用率No.1!

ハッピーメール

自分好みの女性に出会いやすいので、中期〜長期的な関係の女性と出会うために利用しています!

ワクワクメール

出会い系サイト総合力No.1!管理人がはじめて出会えたのがこのワクワクメールでした。

YYC(ワイワイシー)

少し女性が落ち着いた雰囲気のサイト。他のサイトとは違ったタイプの女性が利用しているので、登録しておいて損はないです!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク