カテゴリー

【追記】出会い系サイトで効率良くサクラを見分ける方法

【追記】出会い系サイトでのサクラの見分け方

以前、サクラの見分け方については、【必勝テクニック】出会い系サイトで効率よくサクラを見分ける方法の記事でも紹介しました。

今回は私が前の記事を書いた後に思いついたサクラをもっと効率良く見分ける方法を追記という形にはなりますが、紹介していきます!

自分でいうのも何ですが、他の攻略サイトでは全く紹介されていない方法なので、必見です!

複数枚の写真を送ってもらう

まずサクラは自撮りができません。なぜならサクラの9割以上が男性と言われているからです。そのためサクラアカウントのプロフ写真はインターネットのかわいい女性の写真を使うことになります。つまり何枚も写真を送ってと言われるとそのかわいい女性の他の写真をもっていないので、サクラは困ります。
世の中のほとんどのサクラはたったこれだけの方法で対策ができます。相手がサクラであれば、複数枚の写真をもとめられた時点で返信をしてこなくなります。

ただしこれではまだ100パーセントとは言えません。
サクラの手口には大きく分けて2つのパターンあるからです。1つは「不特定多数のユーザーに強いネタを送って、数で稼ぐサクラ」、もう1つは「1人1人に細かいケアをして、1人単価をあげて稼ぐサクラ」です。

前者のようなタイプには、エロアピール全開の若い女性のようなキャラが多いです。しかしこういったキャラを演じているのは、男性サクラが圧倒的に多いので、先ほど紹介した複数枚の写真を送ってもらうように要求すれば対策が可能です。

逆に後者のようなタイプは、仮にキャラを演じているのが男性だとしてもそういう要求をされる場合の対策を立てている場合が多いので、一筋縄ではいきません。

地元ネタを聞いてみるとか、天気の話をしてみるといったサクラを見分ける手法もありますが、インターネットが普及した今、ちょっと手間をかければいくらでも情報は手に入れることができます。

そのため1人単価をあげて稼ぐタイプのサクラを見分けるのは難しいです。

私自身も日々このようなサクラを見分ける方法がないものかと、試行錯誤していますが、まだ100パーセントとはいきません。

もちろんこのタイプのサクラもデートに誘っても出会うことができないので、何度デートに誘っても断られるのであれば、見分けることができますが、気付いた時には多くのポイントを消費しているでしょう。それでは意味がありませんよね。

またこのタイプのサクラをすぐに見分ける方法を思いつき次第、当サイトで紹介したいと思います。

そして最後に、万が一メッセージのやり取りをしている相手が一般女性だった場合、「複数枚の写真を送って」と頼むと断られる可能性が高いです。あなたが女性だとしたら、きっとプロフ写真は奇跡の1枚を使用するはずです。その1枚で判断してほしいのに、複数枚と言われたら、もう1枚写真を撮ろうという気にはなりませんよね。そのため複数枚の写真を送ってと聞いてみて、断られたからといって、サクラと決めつけるのははやとちりかもしれません。

サクラを見分ける際は、1つの要因からではなく様々な要因から相手がサクラかどうかを判断するのがいいと思います。

あなたが出会い系で理想の女性と出会えることを祈っています!

管理人おすすめの優良出会い系サイトの一覧と比較はこちらから!
【暴露】本当に出会える無料出会い系サイトを徹底比較!

管理人おすすめのサクラがいない優良出会系サイト一覧

pcmax002

PCMAX

若い女性が多く、サクラもいないサイトです!当サイトからの登録ならば、最低1000円分の無料ポイントがもらえます。出会い系初心者向け!管理人利用率No.1!

happi-me-ru

ハッピーメール

自分好みの女性に出会いやすいので、中期〜長期的な関係の女性と出会うのに向いています。当サイトからの登録で約1000円分のポイントがもらえます。出会い系サイトの老舗で信頼度も高いです。

%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab

ワクワクメール

出会い系サイト総合力No.1!管理人がはじめて出会えたのがこのワクワクメールでした。当サイトからの登録で1000円分のポイントプレゼント!ハッピーメールと並んで、出会い系サイトの老舗です。

yyc

YYC(ワイワイシー)

少し女性が落ち着いた雰囲気のサイト。他のサイトとは違ったタイプの女性が利用しているので、登録しておいて損はないです!当サイトからの登録で1000円分のお試しポイントももらえます。ライブドア系列の運営なので、大手の安心感があります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク