カテゴリー

PCMAXで最低限のポイントで出会う!誰でも簡単攻略法!

PCMAXで最低限のポイントで出会う!

今回は必要最低限のポイントで誰でも簡単にPCMAXで女性と出会う攻略法を紹介していきます。PCMAXに限った話ではありませんが、ポイント制の出会い系サイトではいかにサイト内で使えるポイントを節約して、出会うことができるかが重要です。

なぜならどんな人でもサイト内ポイントが1万ポイントあれば余裕で出会うことができます。しかしPCMAXで1万ポイントを手に入れようと思ったら、一番安いクレジットカード決済をしても、単純計算で9〜10万円が必要です。それでは全く意味がないですよね。笑 街で3万円あげるから遊びに行こう、とナンパした方がマシです。笑

出会い系サイトはあくまで出会うためのツールであって、本当に大切なのは出会った後です。出会うまでに大量の出費をして、出会った後は金欠では元も子もありません。当然デートが安っぽくなり、失敗する可能性が高くなります。

このような出会い系の攻略サイトをやっていると、よく読者さんから月にどれくらいのポイントを使ってますか?という問い合わせを受けます。私は他のサイトも同時に利用しているということもありますが、2~3ヶ月に1度3000円分のポイントを買ってるだけですよ〜と答えています。3000円なので、320ポイントです。メッセージ64通分です。

うそだと思われるかもしれませんが、本当なんです。

効率よくポイントを消費すれば全然これだけのポイントでも出会うことができます。私はだいたい月に3~5人と出会っていますので、PCMAXでもだいたい月に1~2人とは出会えています。もちろん割り切り女性でも業者でもありません。素人女性と出会うのに1人あたり500円強くらいです。もちろん運が悪い時もありますが、1000円を少し越える程度です。

つまりいかに上手く、効率的にサイトの機能を利用できるかということがPCMAXで出会うためには重要であるということです。初心者の方はもちろん、ベテランのような方でもサイト内ポイントを効率的に使えている人というのは少ないような気がします。

サイト内の機能を使うだけなので、特別な才能がいるわけでもありません。ただ知らないだけだと思います。ただそれを知っている人が少ないというのが現実です。今回は私が培ってきたPCMAXで最低限のポイントで出会うための攻略法を紹介します。

ぜひとも最後まで熟読し、実践してみてください!

コミュニケーションの場を移す

PCMAX内のコミュニケーション、メッセージ送信においては全てポイントが必要となります。しかしコミュニケーションをとらずに、女性と出会うことははっきり言って、不可能です。また掲示板から女性を探して、プロフィールを確認するのにもポイントを消費します。しかしプロフィールを見ないと相手の情報が何もわかりません。相手を知らずして出会うなんてもっての他です。

こうやって聞いていると、PCMAXはポイントを消費させまくるサイトだと思ってしまいますよね。笑

でもそんな負の連鎖を断ち切る方法があります。簡単な話です。サイト内でのメッセージを早々にやめ、LINEにメッセージの場を移すのです。別にLINEでなくても、無料でやりとりできるメッセージツールならなんでもいいですが、今の時代であればメールアドレスを交換するよりもLINEの方が返信も早いですし、おすすめです。

そのためにまず絶対に必要なのが、無料メッセージツールの登録、つまりLINEのダウンロードです。おそらくこの記事を読んでいる人の大半はダウンロード済みの人が多いと思いますが、そういった方も、万が一、相手の女性がLINEに登録していないことも考慮して、カカオトークなどもダウンロードしておくと事前準備としては完璧かもしれません。出会い系を利用している人にはLINEは教えたくないけど、カカオトークなら教えてもいいと思っている人もいますよ!

サイト内メッセージの切り時は?

とりあえずPCMAXから早期にLINEにメッセージの場を移すべきだということは理解できたと思います。

しかしそんな簡単にLINEにんコミュニケーションの場を移すのは簡単ではありません。相手の女性が連絡先の交換に応じないということもしばしばです。もちろん昨日今日知り合ったばかりの人とメッセージをやりとりしていて、急に連絡先を聞かれると少しためらってしまう気持ちもわかります。そういったためらいを持っている人は「PCMAX内でもう少し話して仲良くなりたい」というような言い訳をしてきます。でもこれは別に相手が悪いわけではなく、至って普通の反応です。

ただだからといって、ダラダラとサイト内でメッセージを続けていると無尽蔵にポイントが減っていきます。そのためある程度、こちらで見切りをつけておく必要があるのです。その見切りの付け方が非常に重要なので、きっちりマスターしてください!

まず割り切りの女性であれば、SEX自体にお金がかかるので、論外です。今回の趣旨に全くあいません。メッセージが返ってきて、条件が〜みたいば話をしてきたら、返事をせずに無視してください。断りの連絡をいれるだけでもポイントは消費されるので、心を鬼にして断固無視です。

逆にセフレ関係やSEXなしに出会う約束ができそうな女性であれば、多少メッセージのやりとりには付き合っても良いでしょう。連絡先交換の成功に関わってくるのは、相手からの信頼度です。そのため2,3通目で連絡先交換を申し出て、断られたからといって諦めるのははやすぎです。最低でもこちらからのメッセージで5通はやりとりしましょう。女性は男性がポイントを消費してメッセージを送ってくれていることを知っています。だいたい5通程度メッセージを返してくれるような人であれば、連絡先交換はうまくいくはずです。ただ10通を越えてしまうとポイント消費もばかにならないので、どれだけ長くなってもメッセージの切りどきは10通前後にしておくのをおすすめします。メッセージをきる前に連絡先交換のチャレンジはしてみてくださいね!せっかく10通もメッセージしたんですから、チャレンジしないのはもったいないです!

もっと詳しい連絡先交換の仕方はこちらの記事でも紹介しておりますので、参考にどうぞ!

【必勝テクニック】出会い系サイトで連絡先を教えてもらう方法

新人女性を狙う

またPCMAXで最低限のポイントで効率よく出会っていくためにはアプローチした女性がアクティブ状態である必要があります。なぜならアプローチした女性がすでにサイトの利用をやめているという可能性も大いにありえるからです。利用をやめている人にアプローチするのはその分無駄なポイントを消費したことになります。そのためアクティブな女性をどうやって探していくかが重要です。

そのためPCMAXのプロフィール検索をひたすらやむくもにするのは効率が良い方法とは言えません。またアクティブな女性を探すために掲示板検索をすると、確かにアクティブな女性がたくさん見つかりますが、割り切り女性が非常に多いので八方塞がりの状態になります

ではどうしたらいいのか?

結論から言います。割り切り女性に当たる確率が少なく、アクティブな女性とはずばり「新人女性」です。新人女性とはサイトに登録したばかりの女性ユーザーのことです。サイトをはじめたばかりでアクティブじゃない女性なんていませんよね!そのためアプローチをした時に、返事が返ってくる確率が非常に高いです。またサイトをはじめたばかりの女性なので、他の男性にアプローチされている可能性も低いというのも出会いやすい大きな利点です。

そのためPCMAXで最低限のポイントで出会うのであれば、新人プロフィール検索をするのがおすすめです。

PCMAXで出会いたいなら新人女性を狙え!

PCMAXでポイントを安く出会おう!

いかがでしたでしょうか?

この記事に書いてあることをPCMAXで実践していただければ、PCMAXで消費するポイントを激減させることができます。是非とも試してみてください!

ここからは私の個人的な考え方なので、読みたい方だけ読んでいただけますと幸いです。

ここまでPCMAXで最低限のポイント消費で出会う方法を紹介してきましたが、正直いって、たくさんポイントを持っていた方が出会いやすいというのは間違いないです。

というのも、あと少しで相手の女性が心を開いてくれたのに、ポイントを節約したいがために、そのチャンスを逃すということが起きうるからです。連絡先交換がオッケーになるタイミングは相手にもよりますし、メッセージの密度の濃さにもよります。このタイミングの見極め方は当事者になってみないとわからないと思います。そのため出会い系サイトをはじめたばかりの人は、まず様々な女性を経験してみるのがいいと私は個人的に考えています。多少ポイントが無駄にかかってしまったとしてもまずは出会ってみることが先決です。

最低限のポイントで出会おうと考えはじめるのは、その後からでも遅くないです。

もちろんこれは私の個人的な考え方なので、無視していただいても結構ですが、これから出会系でたくさんの女性と出会えるスキルと経験を得るために必要な勉強代と思えば安いものではないかなと思います。その投資をどう考えるかはあなた次第です!

それではあなたの成功を祈っています!

PCMAXの詳細ページと公式サイトはこちらから!

   

管理人おすすめの優良出会い系サイトの一覧と比較

【暴露】本当に出会える無料出会い系サイトを徹底比較!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク